読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヌのいる生活

タロー:ゴールデンレトリバーのいる生活

仔犬を待つ長い時間

来週うちにイヌが来る。

結婚するときに話していた夢。将来イヌを飼う。
結婚して直ぐに転勤が決まり、単身生活…。
イヌとの生活はまだ先のことだと思っていた矢先に相方が職場都合により退職したことで結婚時以来の同居生活をすることに。
この機会にと思い立ち、ペット可の住居へと引越した。
旅行途中にふらりと寄ったブリーダーさんの親イヌ達に一目惚れ。しかも仔犬が生まれた直後、さらに予約にキャンセルが出だと聞き、これは運命とその場で仔犬を迎えることを決定。
f:id:yagame:20150626175402j:imagef:id:yagame:20150626175648j:imagef:id:yagame:20150626175423j:image

約2ヶ月の間、仔犬を待つ。ワクワクしながら準備をする楽しく長い待ち時間。名前も決定その名はタロー。
f:id:yagame:20150626175724j:image
もうすぐだねと話していた頃にひと騒動。
相方の再就職が急遽決定。出社初日はタロー迎える僅か5日後。
就職決定を聞いた直後は、えっ?本当に?仔犬を放置?躾は?餌は?タローの精神への悪影響は?うち中破壊される?とマイナスの思考ばかりが浮かび、態度にも現れ険悪な雰囲気に。
働くことには賛成で、仕事を探しているのも知っていた。良い条件の募集がありトントン拍子に進む話。
再就職はもう少し先にして欲しいと内心思っていたのに忙しさと良い顔したいという気持ちに負けてきちんと意思を伝えなかった。結果このタイミングでの就職決定。

タローを迎えるのは諦めるかと本気で悩むも約2ヶ月に渡りタローとの生活を待ちわびた僕等にその判断は難しく、予定通りタローを迎えることにした。

間も無く始まるタローとの生活。起こるであろう多くの問題。それらを全部乗り越えて、二人と一匹に幸せな未来は来るのだろうか。期待と不安を胸にその時を待つ。