読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヌのいる生活

タロー:ゴールデンレトリバーのいる生活

去勢手術

4月中旬。

迷いに迷った末にタローが2歳を迎えるのを前に去勢手術を行なった。

 手術から10日あまりが経過した現在、経過良好で若干の腫れはあるものの傷口は塞がりタローは以前と変わらない元気を取り戻している。

f:id:yagame:20170425104902j:image

桜の前で良い笑顔

 

葛藤があった末の決断だったので気持ちの整理の為、次に犬を迎える時の為に現在の思いを残しておく。

 

そもそも個人的に去勢手術は犬の精神、肉体にデメリットが多いと考えており手術をするか否かは一年以上前から迷っていた。

それでも去勢手術に踏み切った理由は2つ。

①停留睾丸(両丸)であること

②未去勢雄に対して攻撃的になってしまう事

 

①については正常な睾丸と比べ腫瘍化するリスクが高く、また、タローの睾丸は腹腔内にある為、腫瘍化した場合に発見が遅れる事を危惧した。

②については本人(本犬?)が衝動を抑えきれない。また、私達が制御しきれず突発的に喧嘩になってしまう事が続いた。

②を去勢手術の理由にはしたくなかったのだが最終的に手術へ踏み切るきっかけになってしまった事が残念でならない。

自分のスキル不足でタローに負担をかけてしまい本当に申し訳無い。

ヤンキー化にはもっと気長に付き合っても良かったかなあ…と今も葛藤が残る。

 

今後、タローの体内から男性ホルモンがなくなる事で考えられる弊害とうまく付き合っていかなくてはいけない。

 

肉体的面では心配されるのは骨量、筋肉量の減少だろうか。

骨量については成長の止まる時期を過ぎているので大きな影響はないと思うが筋肉量は放っておけば減ってしまうだろう。

股関節に問題が出る危険性が高い犬種なのでしっかりと運動させて身体を維持させたい。

 

癌についてもリスクが高まるとの研究結果があるこれもゴールデンレトリーバーではリスクの高い病気。日頃から身体中を触っていち早く異常に気付けるようにしなくては。

これは普段からベタベタしてるから大丈夫かな?

 

精神的面での影響は未知の部分が大きいがタローが自信をなくしてしまうような事がないように出来る限り色々な事を楽しく体験できるようにサポートしていきたい。

 

本格的に変化が現れるのは数ヶ月後だろうか? 

 

f:id:yagame:20170425111659j:image

なんと手術に立ち会う事が出来た

開き状態のタロー

 

f:id:yagame:20170425111750j:image

慣れないエリカラに不満顔

 

f:id:yagame:20170425111830j:image

手術2日後の痛々しい傷跡

 

 f:id:yagame:20170425111915j:image

僅か一週間でココまで回復

犬の治癒力恐るべし

 

f:id:yagame:20170425112111j:image

腹毛が禿げてて滑稽な犬

 

f:id:yagame:20170425112210j:image

術後の回復は順調で通常モードの散歩を解禁(走る跳ねるはまだ禁止)

 

いちばん心配していたのは活発で天真爛漫な性格が変わってしまう事だったのだが今のところ以前と変わらぬ元気なタロー。

 

 これからも元気一杯に楽しく過ごせますように。